診療案内

お知らせ

小川誠司院長退職のお知らせ

平成15年より当院にて勤務をしております院長、小川誠司医師ですが、
この度、健康上の理由により平成31年4月いっぱいで当院を退職する事になりました。(在職中は今まで通り外来、分娩を担当させて頂きます。)
突然のご報告により、患者様にはご迷惑をおかけいたしますがご理解お願い申し上げます。

なお、小川院長退職後は現在、非常勤にて勤務しております室谷 毅医師が新院長となり引き継ぎ、責任を持って今までと変わらず皆様の診療にあたらせていただきます。また、その他のスタッフ(助産師、看護師、事務職員)も基本的に変更はございません。現在、外来に通われている産科 婦人科の患者様、分娩予定の妊婦様におかれましては平成31年5月以降は室谷新院長が外来、分娩を担当させて頂きます。
尚、ご不安ご不明な点がございましたら当院受付までお声かけください。

病院の継承に関するご報告と決意表明

院長 室谷 毅

2019年5月1日より小川産婦人科を引き継がせていただくことになりました室谷毅と申します。
私はいくつもの困難を乗り越えながら未来を担う子どもたちを育む母親という存在のお役に立ちたいと考えて産婦人科医を志し、妊娠・出産の世界に魅せられました。
これまで、年間出生数が約1300の総合病院で産婦人科医として働いてきたなかで、病院を訪れる女性お一人おひとりにより深く関わり、さらに素晴らしい人生を歩むお手伝いをしたいと考えるようになりました。
そのようなときに出逢ったのが、約100年にわたって地域に貢献してきた小川産婦人科でした。

2017年8月からは当院で非常勤として働かせていただけることになり、地域における小川産婦人科の存在意義を実感するとともに、これからさらにお一人おひとりの人生を支えていくために充実した妊娠期・分娩期・産褥期のケアと子育て支援にもっと力を注いでいきたいと決意を新たにすることができました。
今後は地域の妊婦の皆様やそのご家族が安心できる医療のご提供をめざし、当院を訪れる皆様が自己重要感を満たせる愛情あふれる場所にしていきたいと考えております。
そして、新しい生命の誕生を迎えた皆様がこれからの未来に期待し、ワクワクする日々を送れるよう精一杯お手伝いいたします。

また、婦人科の症状や病気は、女性が豊かな人生を過ごすうえで重大な問題です。
小川産婦人科では女性が自分らしく豊かな一生を歩むサポートをすることを目標に、妊娠・出産のケアだけでなく、その後一生涯にわたる女性の健康維持にも注力していきます。

小川産婦人科を訪れる皆様にとって、いま以上に自分らしく生きるきっかけとなれるようスタッフ一丸となって全力でサポートさせていただきますので、皆様方の引き続きのご支援を、何卒よろしくお願い申し上げます。
2019年2月 室谷 毅

【 プロフィール】
京都府立医科大学卒業
大阪府立急性期総合医療センター、ベルランド総合病院に勤務。
オーク住吉産婦人科、PL病院、聖バルナバ病院などに非常勤医師として勤務。

【 資格 】
日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医
母体保護法指定医
日本周産期・新生児医学会所属
日本生殖医学会所属
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法専門コースインストラクター
日本母体救命システム普及協議会(J-CIMELS)認定ベーシックコースインストラクター
日本産婦人科学会認定ヘルスケアドバイザー
厚生労働省 緩和ケア研修 修了